【比較】250ccバイクアドベンチャータイプ「VERSYS-X 250,V-Strom250」

※本ブログ記事は広告等を含むことがあります

バイク
スポンサーリンク

皆様こんにちは。管理人のsinriです!
数年前に自動二輪運転免許を取得したものの、バイクの購入はせず家にある原付を乗っていた私です。
ふと時間が出来たのでキャンプに行きたいと思い、キャンプに行くならバイクで行きたい!と考えバイクの購入を検討しました。長い距離を走りやすく、疲れにくい、また路面状況が良くなくてもある程度走破出来るバイクがいいと探しました。
その際目に留まった2つのバイクについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カワサキ VERSYS-X 250

カワサキから2017年より追加されたVERSYS250シリーズのツアラーモデル。ABS標準装備。
メーカー希望小売価格 689,040円 (本体価格638,000円、消費税51,040円)

長距離でも疲れにくいと評判です。
スポーツタイプのバイクは前屈みになるのに比べ、こちらは背を伸ばした状態でゆったりと乗ることが出来ます。
ツアラータイプのこのバイクは写真でもわかる通り後部にパニアケースを、またエンジンガード、センタースタンド、ハンドルガード、シガーソケットも標準装備の仕様となっております。
購入時から色々とオプションで買い足さなくても良いのは魅力的です。
タイヤはスポークホイールを採用しているため、他の車種に比べオフロードもある程度なら対応可能かと考えられます。

スズキ V-Strom250 ABS

スズキの250㏄タイプアドベンチャー。ABS搭載モデル。
メーカー希望小売価格 602,640円(消費税抜き 558,000円)

前の黄色のアクセントが特徴的。他にも赤、黒のカラーラインナップ。
低トルク時が強いとの評判で、ガタガタの悪路でもしっかりグリップして安心そうです。
こちらも長距離のツーリングでは非常に高評価のようです。
オプションでパニアケースを付けられますので積載性もよし。

主要性能比較

車両(型式)VERSYS-X 250 TOURER(2BK-LE250D)
V-Strom250(2BK-DS11A)
全長 / 全幅 / 全高2,170mm/940mm/1,390mm
2,150mm/880mm/1,295mm
軸間距離 / 最低地上高1,450mm/180mm 1,425mm/160mm
シート高815mm800mm
装備重量 183kg189kg
燃料消費率30.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
24.8km/L(WMTCモード値 クラス3-1、1名乗車時)
39.0 km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
31.6 km/L(WMTCモード値 クラス2、サブクラス2-2、1名乗車時)
最小回転半径2.5m2.7m
エンジン型式 / 弁方式水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC 4バルブ J517 ・ 水冷 ・ 4サイクル ・ 2気筒 / SOHC ・ 2バルブ
総排気量 248cm³ 248cm3
最高出力 24kW(33PS)/11,500rpm18kW(24PS)/8,000rpm
最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/10,000rpm 22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量17L17L
タイヤサイズ前:100/90-19M/C 57S
後:130/80-17M/C 65S
前:110/80-17M/C 57H
後:140/70-17M/C 66H
乗車定員2名2名

主要な性能の比較表をのせてみました。
大きさはVERSYSの方がパーツの装備幅もあり一回り大きくなります。実物を見ましたが車体自体も250㏄クラスとは思えない大きさです。
座る位置が低く足つきがいいのはV-Strom。
重量はVERSYSの方が見た目の割には軽く、V-Stromは重くなっています。
カタログ上ですが燃費がいいのはV-Stromのようです。VERSYSも燃費が悪いというわけではないのでどちらも長距離を走れるバイクですね。
またVERSYSは高回転、V-Stromは低~中回転に強みがあるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
色々と比べて紹介しましたが、基本的な性能はどちらも有しており、一番大きな違いとなるのは装備と価格かと思われます。
VERSYSが装備全部盛りセットで約69万円。V-Stromはスタンダードな分約60万円と9万円もの価格差があります。
またV-StromはABS装備を選ばなければ更に安くなるようです。
その他スズキのキャンペーンで3ラゲッジシステム(サイド,トップケースと取付金具のセット)が65,016円。定価の30%offにて購入出来るようです。(2019年9月30日まで)
ただこれを搭載すると価格はVERSYSとあまり変わらない?ようになってきます。

管理人はVERSYSのライトが好みなので、VERSYSに惹かれています。
オンロードのみではなくオフロードも走れる魅力的なアドベンチャーバイクの魅力を伝えられたなら幸いです。
それではまた。

コメント